2016年12月16日金曜日

まじで倒れる5秒前

仕事柄、色々な子供達と出会う毎日です。

子供達一人一人見ていると、本当に親との関係って大事なんだな…と
思わされます。

本音でぶつかって、隠し事のないようなご家庭で育った子は、
本当に真っ直ぐな子だったり。

私はまだ子供はいませんが、自分の子供のことをいろいろ想像するだけで
とてもワクワクします。

年齢的にもう、同級生たちがぞくぞくと親になっていくのを見ることが多いのですが、
正直なところ本当にうらやましい!!!!!!!!!!!!!😂😂😂

もちろん大変なこともたくさんあるだろうけど、私の友人たちは子育てをとても
楽しんでいます。💓 素敵です。

今の私にとっては、作品が自分の子供でしょうか。
褒められるととても嬉しいし、もし手放すとしたら、大事にしてくれる人のところへ
行って欲しい。

友人から、年賀状を毎年楽しみにしているよ、と言われて、涙が出そうなくらい
嬉しかったです。本当にありがとう。

私の作品を受け入れてくれるのは、私自身を受け入れてくれているような、とても
喜ばしいことなのです。

頑張っても頑張っても、評価されない環境の中にいるとなおさら身にしみますね。

まだ生きていける…!

学生時代は常に作品を作っていたから改めて見ると、今の私からしても素敵じゃん!
と思える作品があります。
もちろん、今の方が安定した作品を作れるようにはなっているのですが、
毎日じっくりと集中出来る環境ではないので、とてもいい!と思えるものが
描けないように感じます。
それに比べて学生時代の作品は、悪いものも多いけれど、キラリと光るようなものが
100枚のうち1枚紛れているような感じ。

毎日制作に没頭できる環境が喉から手が出るほど欲しい。
その時間が手に入れられたらどれほど自分が求める絵に近づくことができるでしょうか。

追い求めて、追い求めて、死んでいくのが理想です。

0 コメント:

コメントを投稿

 
Powered by Blogger.